1. TOP
  2. ANA
  3. ANAアメックスゴールドとANAアメックスはキャンペーンはどちらがおトク?どう選ぶ?

ANAアメックスゴールドとANAアメックスはキャンペーンはどちらがおトク?どう選ぶ?

ANA  

ANAアメックスに入会を考えている人なら、ANAアメックスゴールドも検討してみるといいかもしれません。

ゴールドの方が年会費は高額です。しかし、キャンペーンでもらえるポイントやマイルを考えると、結果的におトクになるかもしれません。

 

ポイント

アメックスカードの利用でメンバーシップ・リワードのポイントがたまります。

100円=1ポイント

アメックスは使えるお店が少ない印象があるらしいですが、JCBが使えるところではアメックスも使えます!

アメリカン・エキスプレスが使えるところ

 

基本ポイントは100円=1ポイントの加算ですが、公共料金や税金など、200円=1ポイントや加算対象外の加盟店もあります。

200円=1ポイント・加算対象外の加盟店

 

通常のメンバーシップ・リワードのポイントの有効期限は、最長3年です。しかし、以下の方法で有効期限を無期限にすることができます。

  • ポイント交換
  • メンバーシップ・リワード・プラス(3,300円/税込年額)に登録
  • ポイント移行コース(5,500円/税込年額)」に登録

 

 

アメックスのメンバーシップ・リワードのポイントは、8,800円(税込み/年間)の参加登録費で、1,000ポイント=1,000マイルの交換レートで40,000マイルまで交換することができます。

 

これは、ANAアメックスカード以外に用意されたものです。

 

 

ANAアメックスカードのメンバーシップ・リワードのポイントは、他のアメックスカードとは異なる、「ポイント移行コース」に参加登録をすると、ANAマイルに交換をすることができます。

 

 

ポイント移行コース

年間参加登録費:ANAアメックスのみ6,600円(税込)

ANAアメックゴールドとANAアメックスプレミアムは、年間参加登録費がかかりません。

登録期間中は、メンバーシップ・リワードのポイントが無期限になります。

ANAアメックスカードのメンバーシップ・リワードのポイントは、6,600円(税込み/年間)の参加登録費で、1,000ポイント=1,000マイルの交換レートで上限なく交換することができます。

ただし、1日1回999,000ポイントまでです。制限はあるものの無いに等しいです。

ポイントのマイル交換は、自動ではありません。都度、ポイント移行手続きが必要です。

 

 

メンバーシップ・リワードのポイントをANAマイルに交換する前提で比較した場合、他のアメックスカードの年間コストよりANAアメックスカードは2,200円安価です。移行上限もありません。さらに、ANAアメックスゴルードとANAアメックスプレミアムは、移行コストが0円です。

 

 

 

年会費

ANAアメックスのポイントを、ANAアメックスゴールドと同じレートでANAマイルに交換する前提で年会費の比較をすると、以下のとうりです。

 

 

ポイント移行コースに参加することで、ANAアメックスもポイント無期限で上限なくANAマイルに移行できます。

 

どちらのカードにも、旅行に関連するサービスは付帯しています。

  • 空港ラウンジ
  • 手荷物無料宅配
  • 航空便遅延補償

 

このサービスで足りるなら、ANAアメックスがおすすめです。

 

2つのカードの年会費の差額は19,800円です。

 

 

この他に、ANAアメックスゴールドは日常のカード利用補償が手厚くなっています。

  • オンライン・プロテクション
  • リターン・プロテクション
  • キャンセル・プロテクション
  • スマートフォン・プロテクション

 

追加されるサービスに19,800円の価値を感じるか?そこが選択基準になると思います。

 

 

 

現在のキャンペーン

年会費の高額な方が、キャンペーン条件のハードルも高くなっている場合が多いです。

 

 

マイ友プログラム

ANAカードをお申し込みする人は、カードお申し込みの前にマイ友プログラムの登録で、各種キャンペーンに加えてボーナスマイルがもらえます。

  • ANAアメックス=500マイル
  • ANAアメックスゴールド=2,000マイル

マイ友プログラムの登録は、カードお申し込みの前にする必要があります。

[マイ友プログラム]紹介番号登録でANA入会ボーナスマイルが最大15,500マイルになる

 

 

ANAカードキャンペーン

今回の入会キャンペーンでは、2つの特典があります。

 

特典1:期間中10万円以上の利用で3,000マイル

特典2:期間中家族カード発行で2,000マイル

 

入会期間:2022年10月31日(月) WEB入会受付分・申込書カード会社到着分まで

参加登録期間:2022年12月31日(土) まで

 

キャンペーン参加条件
  1. キャンペーン期間中に対象のANAカードに本会員として新規入会
  2. 1.で発行したカードに記載のANAマイレージクラブお客様番号(10桁)にてキャンペーンページより参加登録

 

家族カードの発行で2,000マイルは、ANAアメックスもANAアメックスゴールドも同じです。

 

 

こんなにも年会費の差があって、もらえるマイルが同じとは驚きです。

家族カード発行をするのなら、ANAアメックスの方がおトク!

 

 

 

アメックスキャンペーン

アメックスの入会キャンペーンは、入会後3か月以内のカード利用金額に応じてアメックスのポイントがもらえます。

少し前のキャンペーンでは、決済金額条件が同じでしたが、現在のキャンペーンでは決済金額条件がかなり違います。

 

  • ANAアメックス= 50万円決済
  • ANAアメックスゴールド=150万円決済

 

決済金額が大きくなるほど、獲得できるポイントも多いです。

 

 

 

マイル

ANAアメックスとANAアメックスゴールドのメンバーシップリワードは、どちらもANAマイルに交換することができます。

 

 

まとめ

ANAアメックスとANAアメックスゴールドは、入会キャンペーンを利用すると年会費以上の価値を獲得できます。

年会費が高額なANAアメックスゴールドでは、10万マイル超えです。

1マイルの価値は1円ではありません。特典航空券では2円以上の価値で使えます。年会費の10倍の価値で使える可能性もあります。

 

ただし、150万円決済を前提とした場合に限ります。決済条件にはステップがあるからです。

 

 

期間中の利用が50万円だった場合、ANAアメックスの方が多くボーナスを獲得できます。

 

  • ANAアメックス=32,000ポイント
  • ANAアメックスゴールド=8,000ポイント

 

通常決済分はどちらも100円につき1ポイント加算ですが、ANAアメックスはキャンペーン条件を全て満たすことができる一方、ANAアメックスゴールドでは条件を満たしているのは特典1のみだからです。

 

 

いずれにしても、アメックスは他社より決済条件が高いけれど、条件を満たすと年会費以上の価値が戻ってきます。

 

どちらのカードがおトクかは、キャンペーン期間中に決済可能な金額によります。

ANAアメックスでは、30万円決済でも年会費分の価値の回収は可能です。

 

 

[ANAアメックスゴールド]入会キャンペーンで10万マイル以上+10,000円相当を獲得する方法

[ANAアメックス]新規入会キャンペーン重複利用で最大37,500マイル

 

\ SNSでシェアしよう! /

まいるとりっぷの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

まいるとりっぷの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • IHG ANAホテルズはポイントサイト経由で公式サイトから予約で2%還元あり

  • マイレージプラスJCBカード新規入会キャンペーンでボーナスマイルに加えて5,500円相当もらう方法

  • [ANAJCB入会キャンペーン]ゴールドは参加登録だけでもボーナス獲得!ソラチカ利用でボーナス分レートアップ可能

  • [ANAカード会員特典]入会マイル継続マイルはじめ種類による優待サービスの違いを比較

  • [ANAアメックスゴールド]新規入会キャンペーン利用で最大117,000マイルは2023年3月28日まで

  • ANAカード入会キャンペーン同時開催をフル活用して最大マイルを獲得するお申し込み方法