1. TOP
  2. ANA
  3. グアム空港へはユナイテッド航空のTCATがおすすめ・アクセスとシャトルバス

グアム空港へはユナイテッド航空のTCATがおすすめ・アクセスとシャトルバス

ユナイテッド航空でグアムから飛行機に乗る人には、TCATが便利。TCATを利用すると、タモンでチェックインを済ませて搭乗券が受け取れ、スーツケースを預けることができます。

空港に向かうときは身軽!空港でチェックインカウンターに並ぶ必要もありません。空港に到着したら、2階のセキュリティーチェックに直接進めます。

 

TCAT

TCATとは、タモン・セントラル・エアー・ターミナルのことで、ユナイテッド航空のチェックイン施設です。グアムの中心地、タモンにあるTギャラリアbyDFSの1階にあります。

 

 

アクセス

TCATのあるTギャラリアbyDFSは傾斜地に建っています。タクシーでTギャラリアbyDFSに行く場合は、建物裏手の駐車場で降ろされます。そこから入ると3階です。建物の中から1階に行くには、2階のショッピングエリアをひたすら奥に進むと下りのエスカレーターがあり、TCATのある1階に行くことができます。

 

周辺の主要ホテルからTギャラリアbyDFSにはシャトルバスが出ています。各ホテルを経由して向かうので時間はかかりますが、無料でTギャラリアbyDFSに行くことができます。

 

利用対象便

TCATはユナイテッド航空のチェックイン施設ですが、どの便でも利用できるわけではなく、グアムを夕方に出発する便に限られています。

グアムから日本に帰国する対象フライトは、大阪、名古屋、東京に向かう夕方発の3便です。

 

 

営業時間

毎日11時から17時です。

時間外だと人はいません。

 

 

空港無料シャトルバスと特典クーポン

TCATでチェックインをした時に、空港までのシャトルバスチケットと特典クーポンがもらえます。

 

チェックインを早めにしても、搭乗便出発の1時間半前までのバスに乗ればいいです。荷物を預けてから、クーポンを利用してランチをするとちょうどいい時間になりますよ。

 

 

航空券

グアムのTCATを利用するには、ユナイテッド航空の利用が必須です。航空券は現金で購入する以外にも、ユナイテッド航空のマイルや同じアライアンスに加盟している航空会社のマイルで特典航空券を発券して利用することもできます。

 

 

アライアンス

ユナイテッド航空は、三大アライアンスの中で加盟している航空会社の数が一番多いスターアライアンスに加盟しています。

アライアンスとは、英語で「提携」「同盟」という意味です。ここで言うアライアンスとは、複数の航空会社が提携をすることによってグループを作っている航空連合のことです。

同じアライアンスの航空会社の利用であれば、

  • 違う航空会社の飛行機の搭乗で参加しているマイレージプログラムのマイルを貯めることができる
  • 違う航空会社の航空券を参加しているマイレージプログラムのマイルで予約することができる

アライアンスのおかげで、マイレージプログラムはマイルの加算や特典航空券の発券で選択肢が急激に増えました!コードシェア便やマイレージプログラムの相互性など、世界的な規模の航空連合は現在3つ(スターアライアンス、ワンワールド、スカイチーム)あります。

スターアライアンス 全日空
アシアナ航空
中国国際航空
深圳航空
エバー航空
シンガポール航空
タイ国際航空
エア・インディア
ユナイテッド航空
エア・カナダ、コパ航空
アビアンカ航空
アビアンカ・ブラジル
クロアチア航空
アドリア航空
スカンジナビア航空
TAPポルトガル航空
LOTポーランド航空
エーゲ航空
ブリュッセル航空
オーストリア航空
スイスインターナショナルエアラインズ
ルフトハンザドイツ航空
ニュージーランド航空
ターキッシュ・エアラインズ
南アフリカ航空
エチオピア航空
エジプト航空
ワンワールド 日本航空
キャセイパシフィック航空
マレーシア航空
スリランカ航空
アメリカン航空
ブリティッシュ・エアウェイズ
イベリア航空、S7航空
フィンエアー
カンタス航空
カタール航空
ロイヤル・ヨルダン航空
ラタム・エアラインズ・チリ
スカイチーム 大韓航空
中国東方航空
中国南方航空
厦門航空
チャイナエアライン
ベトナム航空
ガルーダ・インドネシア航空
デルタ航空、アエロメヒコ航空
アルゼンチン航空
エールフランス航空
アリタリア航空
エア・ヨーロッパ
アエロフロート・ロシア航空
タロム航空
KLMオランダ航空
チェコ航空
サウディア
ミドル・イースト航空
ケニア航空

 

 

ユナイテッド航空とANA

ユナイテッド航空とANAは同じアライアンスに加盟しています。同じアライアンスですから、双方のマイルで双方の特典航空券を発券することができます。

ユナイテッド航空の特典航空券でANA国内線を利用・名古屋-札幌-福岡が5,000マイル

ユナイテッド航空のマイルでANA国内線航空券を予約するとき気をつけたいこと

 

ユナイテッド航空の日本発着の国際線は必要マイル数が多いので、マイルの利用はANA国内線の方がお得感があります。

ユナイテッド航空の国際線は、ANAマイルの特典航空券で利用する方が必要マイル数が断然少ないです。ただし、燃油サーチャージは必要です。

 

 

マイルを貯める

マイルを貯めるにはマイレージプログラムに入会する必要があります。

  1. マイレージプログラムに入会する=ポイントカードをつくる
  2. マイルを貯める=ポイントを貯める
  3. マイルを使う=ポイントを使う

マイルを貯めて使うのは、お店のポイントカードをつくってポイントを貯めていくのと同じです。これはANA(全日空)やJAL(日本航空)はもちろん、その他の各航空会社とも共通です。

同じアライアンスであれば、ひとつのマイレージプログラムに入会しておくと、貯まるマイルを1つのマイレージプログラムに集めることができます。

しかし、同じアライアンスでも、マイレージプログラムごとに特典航空券の開放枠や必要マイル数が違います。だから私は複数の航空会社のマイレージプログラムに登録しています。

マイルを貯める方法は大きく分けて2つです。

  1. 飛行機に乗ってマイルを貯める
  2. 飛行機に乗らないでマイルを貯める

飛行機に乗るだけで特典航空券が発券できるほどマイルを貯めるには、搭乗回数がかなり必要です。

そこで重要になってくるのは、飛行機に乗らないでマイルを貯める方法です。日常生活の中で飛行機に乗らないでマイルを貯める仕組みを知っているのといないのとでは、マイルの貯まる速度が違ってきます。

 

 

ユナイテッド航空マイレージプラス

飛行機に乗らずにユナイテッド航空のマイルを貯めるには、マイレージプラスセゾンがおすすめです。

一般的なセゾンカードのポイントシステムは永久不滅ポイントですが、MileagePlus(マイレージプラス)セゾンカードはユナイテッド航空のマイレージプラスのマイルが直接貯まります。

注目はコスモ石油の利用です。マイルアップメンバーズ、ゴールド、プラチナのカード利用で1,000円=20マイル=還元率2%が貯まります。

カード利用 マイルアップメンバーズは
1,000円=15マイル
還元率1.5%
1,000円=15マイル
還元率1.5%
1,000円=15マイル
還元率1.5%
年間15マイル上限 30,000マイル
カード利用200万円くらい
75,000マイル
カード利用500万円くらい
なし
上限を超えた場合 1,000円=5マイル
還元率0.5%
1,000円=5マイル
還元率0.5%

マイレージプラス セゾンカードの通常のカード利用では、1,000円=5マイル=還元率0.5%です。

1,000円=15マイル=還元率1.5%のカード利用上限は、コスモ石油の利用が多ければ多いほど、マイルが貯まるスピードが早くなるので、上限額が低くなります。

 

マイルアップメンバーズ
マイレージプラスセゾンカード会員に用意されているオプションサービスです。年会費5,500円(税込)で別途登録をすると、1,000円=10マイルが通常マイルに加算されます。マイルアップメンバーズは、 通常分1,000=5マイルと合わせて、1,000円=15マイルが貯まります。

[マイレージプラスセゾン]カード新規入会キャンペーン最大39,000マイル獲得のチャンス!

 

ANAマイレージプログラム

飛行機に乗らずにANAのマイルを貯めるには、ANAカードがおすすめです。

 

ANAカード入会キャンペーン[ANA主催とマイ友プログラム]はJCBかアメックスとも重複可能

ANAカードの他に、飛行機に乗らずにANAのマイルを貯めるには、ポイントサイトの活用をおすすめします。ポイントサイトのポイントは、マイル交換にすると、その価値は少なくとも1.5倍、使い方によっては10倍以上の価値で使うことができます。

オススメのポイントサイトは3つあります。

[モッピー]

モッピーには、JALには実質80%、ANAには実質86.3%で交換することのできるキャンペーンがあります。

2,000ポイントを獲得できる入会キャンペーン開催中です!

 

 

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 

モッピーのポイントは、1ポイント1円です。

モッピーならANAとJALに実質80%以上還元で交換できる!ポイ活でマイルがざくざく

 

[ちょびリッチとGポイント]

ちょびリッチのポイントをマイルに交換をする場合は、Gポイントも合わせて利用すると、6社の航空会社のマイルに60%で交換することができます。

 

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

 

  • ちょびリッチ(100%)→Gポイント(100%)→Vポイント(100%)→6社の航空会社マイル(60%)

 

Gポイントは、JALにもANAにも直接交換できますが、Vポイント経由でマイルにすると利用範囲の可能性が広がります。

 

Gポイント

 

Vポイントは、3大アライアンスのマイルへの出口にできるポイントです!

 

 

各アライアンスでは、同アライアンスに加盟している航空会社の特典航空券を利用することができます。

ワンワールド ブリティッシュ・エアウェイズ(Avios)
スカイチーム アリタリア-イタリア航空(ミッレミリア)
エールフランス航空(フライングブルー)
KMLオランダ航空(フライングブルー)
スターアライアンス 全日空(ANAマイレージ)
シンガポール航空(クリスフライヤー)

JALのアライアンスはワンワールドです。つまり、ブリティッシュ・エアウェイズの特典航空券JAL便を利用することができます!

ANAとクリスフライヤーは同じアライアンスですから、どちらのマイルにしても、どちらの航空会社の特典航空券にもすることができます。しかし、そこには制限があります。

シンガポール航空のスイートやビジネスの特典航空券は、ほどんどの場合、クリスフライヤーにのみ開放されています。シンガポール航空のスイートやビジネスの特典航空券に交換したいのなら、ANAマイルではなく、クリスフライヤーに交換した方が希望した特典航空券に交換できる可能性が高くなります。

[Vポイントをマイル交換]三井住友カード利用ポイントリニューアル!ルートとレートを解説

 

 

[ポイントサイトのポイントをANAマイルに集めるANA東急のTOKYUルート]
  1. ポイントサイトのポイント→ドットマネー:3日程度
  2. ドットマネー→TOKYUポイント:15〜30日程度
  3. TOKYUポイント→ANAマイル:7日程度

3回の交換が必要になりますが、ポイントサイトのポイントを75%でANAマイルに交換することができます。

ソラチカルート TOKYUルート
1か月の交換上限 18,000ANAマイル 75,000ANAマイル
ポイントサイトからの交換期間 およそ2か月 およそ1か月
交換レート 81% 75%

このルートで交換期間の長さと交換上限を決めているのはドットマネーです。

ドットマネーからTOKYUポイントへの交換申請をしたタイミングで交換期間が変わります。

毎月1〜15日申請分 申請月の下旬頃に交換完了
16〜末日申請分 翌月の中旬頃に交換完了

上限が75,000ANAマイルなのは、ドットマネーからTOKYUポイントへの交換上限が1か月100,000ドットマネーだからです。

 

直接ANAマイルに交換できるポイントサイトもありますが、交換レートは30〜50%です。交換完了までに、およそ1か月かかってもTOKYUルートで交換レートを75%にできるのは魅力的です。

 

ただし、このルートでの交換にはANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードが必須です。

Vポイント=三井住友カードのポイントプログラム

TOKYUポイント=東急グループのポイントプログラム

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは、三井住友ガードが発行元なので、カード利用分はVポイントが貯まります!

[TOKYU ルート開通]ポイント交換率75%およそ1か月でマイルにできるANAカード

 

[メトロポイントをANAマイルにするソラチカカード]

ポイントサイトのポイントは集められなくなりましたが、メトロポイントを90%でANAマイルにできることに変わりはありません!

メトロポイントPlusに登録をしてPASMOの利用をすると、メトロポイントが貯まります。

平日1乗車毎(定期券面区間外) 5ポイント
土休日1乗車毎(定期券面区間外) 15ポイント
メトロポイントPlus加盟店舗200円毎 1ポイント
メトロポイントPlusロゴ掲出自動販売機100円利用毎 1ポイント

PASMOのオートチャージや東京メトロ定期券の購入で、カード利用分のポイントが貯まります。

マルチポイントコース OkiDokiポイント1ポイント
マイル自動移行5マイルコース ANA5マイル
マイル自動移行10マイルコース ANA10マイル

東京メトロ定期券は、ソラチカカード決済で購入をすると、クレジットカード決済分のポイントはもちろん、さらに、1,000円につきメトロポイント5ポイントも貯まります!定期券はソラチカカードに記載して使うことができます。

マルチポイントコース メトロポイント5ポイント+OkiDokiポイント1ポイント
マイル自動移行5マイルコース メトロポイント5ポイント+ANA5マイル
マイル自動移行10マイルコース メトロポイント5ポイント+ANA10マイル

メトロポイントは90%でANAマイルにできるから、東京メトロの定期券をソラチカカードで購入すると、1,000円につき+4マイルです!東京メトロの定期券の購入に限りますが、還元率が0.4%上がります。

[ソラチカカード]ポイントサイト入会キャンペーン比較[2020.10]JCBとマイ友プログラム

 

SPGアメックス

SPGアメックスを持っていると、航空会社を決めず、必要なときに必要な分のマリオットボンヴォイポイント(ホテルポイント)を希望する航空会社のマイレージプログラムのマイルにすることができます。

交換可能な航空会社は40社以上あります!

ほとんどの航空会社のマイル還元率は1.25%ですが、ユナイテッド航空だけは1.37%です。

[SPGアメックス]紹介プログラム入会キャンペーン利用で最大54,500ポイント相当獲得可能

 

まとめ

タモンにあるTCATを利用することができるのは、ユナイテッド航空の夕方便に搭乗する人だけです。

ユナイテッド航空の飛行機は、航空券の購入だけではなく、マイルを特典航空券に交換して利用することもできます。

ユナイテッド航空の特典航空券は、ユナイテッド航空はもちろん、ANAなど、スターアライアンスに加盟している航空会社のマイルで交換することもできます。

 

ユナイテッド航空のマイルを直接貯める場合は、マイレージプラスセゾンがおすすめです。

[マイレージプラスセゾン]カード新規入会キャンペーン最大39,000マイル獲得のチャンス!

 

ANAのマイルを貯めるには、ANAカードがおすすめです。

ANAカード入会キャンペーン[ANA主催とマイ友プログラム]はJCBかアメックスとも重複可能


飛行機に乗らずにマイルを貯めるには、ポイントサイトも欠かせません。

モッピーには、JALには実質80%、ANAには実質86.3%で交換することのできるキャンペーンがあります。

ポイントサイトのポイントは、現金化することもできますが、他社ポイントや航空会社のマイルに交換することができます。

直接ANAマイルに交換できるポイントサイトもありますが、交換レートは30〜50%です。交換完了までに、およそ1か月かかってもTOKYUルートで交換レートを75%にできるのは魅力的です。

ただし、このルートでの交換にはANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードが必須です。

Vポイント=三井住友カードのポイントプログラム

TOKYUポイント=東急グループのポイントプログラム

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは、三井住友ガードが発行元なので、カード利用分はVポイントが貯まります!

[TOKYU ルート開通]ポイント交換率75%およそ1か月でマイルにできるANAカード

 

ANAやユナイテッド航空に限らず、ポイントを貯めてから航空会社を選びたい人には、SPGアメックスがおすすめです。交換可能な航空会社は40社以上あります!

ほとんどの航空会社のマイル還元率は1.25%ですが、ユナイテッド航空だけは1.37%です。

[SPGアメックス]紹介プログラム入会キャンペーン利用で最大54,500ポイント相当獲得可能

 

\ SNSでシェアしよう! /

まいるとりっぷの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

まいるとりっぷの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • [マイレージプラスカード比較]ユナイテッド航空マイルを貯めるおすすめブランドと種類

  • [ANATOKYUカード入会キャンペーン]ポイントサイトからマイル交換のルートとレート

  • [マイルを現金化(お金に交換)する方法]ANAとJALのルートとレート価値が高いのはどっち?

  • [ANAJCB入会キャンペーン]重複利用でゴールドなら最大15万マイルくらい獲得可能

  • [IHG ANAホテルズグループジャパン予約ポイントサイト比較]最大還元はどこ?[2020年]

  • [ソラチカカード]ポイントサイト入会キャンペーン比較[2020.12]JCBとマイ友プログラム